家族葬なら安い費用でも立派なお葬式ができる

家族葬なら安い費用でも立派なお葬式ができる

お葬式は、亡くなった人を弔うために行う儀式です。できるだけで簡素なお葬式でも良いと思う人もいますが、なかにはできるだけたくさんの人に来てもらって、大規模なお葬式にしたいと考える人も少なくありません。大勢の親類や知り合いに参列してもらえば立派なお葬式となりますが、気になるのがお葬式を執り行うための費用です。喪主となる機会は滅多にありません。急にお葬式の準備をしなくてはらないために、どの位の金額が妥当な金額なのか、その時に正常な判断をすることが難しいのが現状です。中には、せっかく遠くから親戚が来るのだからと費用を度外視して一番高いお葬式プランにしたりして、費用が高くついてしまうこともあります。どのような費用が発生するのか具体的な内容について理解して、無駄にお金を使わないように注意する必要があります。

お葬式の費用は、基本的にはお葬式や飲食、寺院に関するものに分類できます。お葬式のための費用の内訳としては、祭壇、棺、寝台車、式場の利用料など、お葬式を執り行うために支払う必要があるものです。このお葬式に関わる費用が、半分以上になるのが一般的です。飲食に関する費用は、通夜や告別式の後に出す料理や返礼品ための費用となります。お葬式に来てもらう人の数に応じて金額が増えたり減ったりしますが、通常総費用の2割から3割程度になります。寺院関係の費用とは、僧侶などを依頼して読経料や戒名料など必要となる費用です。

寺院関係費用も総費用の2割から3割程度になるのが普通ですが、具体的な金額は宗教や宗派によって大きく異なってきます。これら3つの分野費用を合計したものが、お葬式に必要な費用となります。項目が多く確認するのが大変ですが、詳細を確かめて無駄な出費がないように気を付ける必要があります。

限られた予算の範囲でお葬式を執り行いたい場合は、お葬式や飲食の質を落として費用を安いお葬式とするよりも、お葬式の規模を小さくするのが一番です。質を落としたお葬式では関係者などに満足してもらえませんが、規模を小さくして充実した内容にすれば問題ありません。生前あまり親しくなかった人には連絡しないで、参列する人を少なくすれば使用する式場も小さな場所で十分ですし、参列者に用意する飲食関係の費用も安くなります。そのため、安い費用でお葬式を執り行うには、近隣の住民や仕事関係の人まで来てもらう一般葬ではなく、家族やごく親しい人だけで執り行う家族葬を選ぶべきです。家族葬なら小規模な形式で費用を抑えることができます。

お知らせ